梅雨入り宣言がなされ、毎日うっとうしい天候が続いています。根がらみ前水田では子ども達の植えた苗がすくすくと育ち、阿蘇公園水路付近には蛍の乱舞が見られます。羽村の初夏の到来を感じさせる風景であります。

6月13日、7年ぶりに満身創痍の小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還しました。小惑星「イトカワ」を目指し、飛行途中で様々なトラブルに見舞われながらも、日本人技術者の素晴らしい機転と粘り強い対応でこの偉業が達成されました。この様子は、テレビを通じて普段あまり宇宙に関心のない我々にさえ、使命を終え燃え尽きた「はやぶさ」に、愛おしさと大きな感動をもらいました。この事業は日本の宇宙技術の高さを世界に示すいい機会となりました。

主管の宇宙科学研究所(JAXA)は、この間の民主党の事業仕訳で予算を大幅に削られることになりましたが、これで「2番」ではなく「1番」になった訳ですから、これまで以上の宇宙開発予算の計上をお願いするものです。

4年に1度のサッカーワールドカップで岡田ジャパンが善戦しています。日本のレベルは確実に進化しています。テレビの応援観戦で睡眠不足の眠い目をこすりながら翌朝を迎えた皆さんも多かったのではないかと思います。

また、女子ゴルファーの宮里藍さんは世界ランキング1位になりました。男子の石川遼君も頑張っています。先ほどの宇宙開発技術やスポーツでの日本人の海外での活躍はとても喜ばしいことと同時に誇りでもあります。新政権の下、菅総理大臣には、日本人の素晴らしさ、優秀さを誇りとし、国旗や国歌を大切にできる子ども達を育む教育の推進を心からお願いするものです。

いよいよ民主党政権のマニュフェストであった『子ども手当』の羽村市での支給が始まりました。申請の遅れた世帯についても、夏休み等における子育て家庭の暮らしを応援する観点から8月中に支給されることとなりました。羽村市では手当の申請書送付時に、給食費や保育料などを滞納している場合は、手当を別用途に使わないようお願いする案内文を同封したそうです。子育てはいつの時代も楽なことはありません。この『子ども手当』の財源の議論の是非は別として、支給された以上は、是非子どもの為に有効に使ってほしいものです。

蒸し暑く、体調の崩しやすい季節ですが、どうぞ健やかにお過ごしください。

■4月

1日
2日
3日
5日
6日

7日
8日
9日
11日
14日
15日
16日
17日
20日
21日
24日

万灯会 総会
市民との懇談
町内会4班花見
三支連春季研修会 立川
小作台小学校 入学式
第二回議会改革推進協議会
羽村第一中学校 入学式
議会だより編集委員会
議会事務局 歓送迎会
阿蘇神社春季例大祭
宮地町内会 役員会
議会だより編集委員会
都連会議 自由民主党本部
宮地交友会 総会
自民党羽村総支部 役員会
三消連総会 立川クレスト
西小学校 PTA総会
ゆとろぎ協働市民の会 総会



チューリップまつり




羽村駅西口駅前春祭り山車の競演

■5月

3日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
21日

22日


23日
24日

25日
26日
27日

29日

護国神社 春季例大祭
第三回議会改革推進協議会
青梅市団長 三消連会長就任祝い
市民パトロールセンター 開所式
市民との懇談
羽村第一中学校 PTA総会
羽村市・第九方面合同水防訓練
中川まさはる拡大選対・決起大会
一般質問提出 市役所
羽村市商工会 通常総会
羽村市市民チャリティゴルフ
宮地町内会 幹部役員会
羽村西小学校 運動会
井上信治後援会発足式 福生市
羽村市体育協会 総会
公明党、会派合同対策会議
あきもと司参議院候補 事務局会議
宮地町内会班長会 加美会館
羽村市土地開発公社 評議委員会
松栄福祉会 理事会、懇親会
新政会市民クラブ合同政策研究会
小作西 西武会総会 ゆとろぎ
羽村市文化協会 定期総会


市民パトロールセンター開所式




羽村市・第九方面水防訓練

■6月

1日
2日
3日
4日

5日

6日
7日
8日

10日
11日

12日

14日
16日
18日
19日
20日
24日

25日


26日

27日
29日


30日

羽村市議会定例会(一般質問)
      〃
      〃
羽村市議会定例会
自民党羽村総支部役員会
福祉文化祭 福祉センター
羽村市PTA連合会 総会
地区委員会田植え ねがらみ水田
防衛協会役員会 コミセン
議員研修会「羽村市の歩み」
第四回議会改革推進協議会
議会運営委員会(傍聴)
あきもと司事務所開き 立川
あきもと司 三多摩総決起大会
中川まさはる 三多摩選対会議
羽村市防衛協会総会 ゆとろぎ
中川まさはる 三多摩総決起大会
中川まさはる 市内遊説先導
羽村市議会定例会(最終日)
中川まさはる西多摩総決起大会
羽村市障がい者スポレクのつどい
参議院選挙公示 ポスター貼り
参院選打合せ 25支部事務所
国体羽村市準備委員会総会
羽村市私保協定期総会、懇親会
宮地町内会 班長会
西地区少年少女球技大会 宮の下
自民党羽村総支部役員会
新政会市民クラブ懇親会 秩父
中川まさはる選対遊説 羽村市内
議会だより編集委員会
防衛協会役員会 コミセン
保坂さんぞう選対遊説 羽村市内


西地区少年少女球技大会









田植え後に草取りをするカルガモ達

1項目 「第五次羽村市長期総合計画策定に向けた取組みについて」

(質問)長期総合計画策定の必要性をどのように考えているか。

(答)近年、羽村市を取り巻く環境は大きく変化している。市内部に策定委員会を組織し、検討してきた。市が真に市民の負託に応え、適切な地域社会の経営の任を果たすためには、将来の課題と目標を市民と共有し、まちづくりを進めていくことが必要と考え、策定に取り組むこととした。

(質問)第四次長期総合計画の検証は。

(答)市では「行政総合マネジメントシステム」を運用し、長期総合計画の実現を目指し、毎年事務事業評価、検証を行っている。今年度は各分野計画に記載している全47の施策の評価を実施する。

(質問)市政世論調査以外の市民意見の反映方法は何か。

(答)昨年から「はむら市民懇談会」を開催し、市政に関する自由な意見を伺った。また5月からは地域に出向き、今後のまちづくりに向けた提案等を伺うため、「長期総合計画地域懇談会」を開催している。その他「市長とトーク」「市長と語る21」等での市民の意見を計画策定の参考にしたい。

(質問)少子高齢化、人口減少、世界的な景気後退の影響を受けた市財政悪化等の課題に
どう対応していくのか。

(答)行政サービスを低下させることなく、多様な市民ニーズに対処した事務事業の実施のため、行財政改革のより一層の推進、財源の確保に努めていく。また、全庁的な取組み「緊急経済財政対策」の推進と、総合計画策定と併行した「行財政改革推進プラン」の策定とその実行により、財政安定化策を定めていく。

※現在、羽村市では、平成24年度から始まる第五次長期総合計画の策定に向けて準備中です。この計画の実施期間は10年間という長さで将来の姿を描き、それに沿った事業を実施していくものです。現在、当市を取り巻く環境は財政ほか厳しい状況が続くと予想されます。その一方で、この策定義務が撤廃されようとしている。しかし、このような困難な時代だからこそ、将来の「羅針盤」は必須と考えます。その取組みについて質問しました。
改修工事中の市道第201号線道路 緑ヶ丘三丁目付近

2項目 「羽村市における契約制度について」

(質問)昨年度「総合評価一般競争入札制度」が導入されたが、その分析は。

(答)地元の優秀な技術力を持った業者の更なる育成や、地元貢献を入札に反映させることができるので有効な契約方法である。しかし、第三者機関の設置、工事ごとの評価基準の制定、入札までの期間の長期化などが課題である。

(質問)その結果、価格以外の評価項目について、どのように考えるか。

(答)社会情勢の変化に対応していくため、国土交通省や他の自治体の先例を参考に、地元貢献と技術点の配点方法や内容などについて検討していく。

(質問)「総合評価一般競争入札制度」の対象の拡大予定と今後の方向性は。

(答)この制度には利点と同時に、多少の煩雑さもある。このため、対象の拡大、今後の方向性については、どの範囲までの拡大が市内業者の育成、技術力向上につながるかを慎重に見極めて検討していく。

(質問)景気対策として、市内業者が受注しやすい小規模等随意契約
希望者登録制度の検討を。

(答)市では、平成20年度から緊急財政対策として、従来からの市内事業者の優先指名はもとより、前金払いの対象拡大、にぎわい券の発行、市内業者からの調達の推進通達など、様々な対策をとってきた。このことから、「小規模等随意契約希望者登録制度」を導入し、受注機会の拡大を図ることは、市内事業者の活性化にもつながることから、必要なものであると認識している。

※今年度の羽村市予算の中でも市民税法人分はかなりの減収です。様々な経済政策が実施されていますが景気回復のきざしはなかなか見えて来ません。この不況に立ち向かい、地元事業者の仕事の確保し、営業を守っていくことは市にとっても重要な課題です。各種契約制度の検討、参入により、積極的に市内業者に市の仕事を発注できるよう、羽村市のさらなる努力をお願いしながら、契約制度について質問しました。

羽村動物公園の人気者です!

今年のゴールデンウィーク期間中の羽村市動物公園の入園者数は前年度に比べて約6,700人強の大幅な増加になりました。その中でも、昨年12月に生まれた雄のアミメキリンの「コタロウ」が順調に育ち、その人懐さと可愛らしさで人気者になっています。このアミメキリンの雄は全国でも少なく、早くもお婿さん候補に名乗り出た動物園もあるそうです。すくすくと元気に育ってほしいものです。

アミメキリンのコタロウ 動物公園来園者の七夕かざり

市民パトロールセンターがオープンしました!


市民パトロールセンター

5月13日に小作駅東口に「市民パト ロールセンター」が設置されました。市内の皆様の様々なパトロール、見守り活動などの防犯の拠点とするものです。情報の収集とその発信により、犯罪の抑止効果を狙っていくものです。今後、このセンターの存在が市民の防犯意識の高揚につながり、「自分達のまちは自分達で守る」という気運の高まりに期待するものです。

ここに第13号の後援会の通信を送付させていただきます。
ご意見、ご要望がございましたら遠慮なくお申し出下さい。

橋本ひろたか 連絡先
〒205-0017 東京都羽村市羽西2-10-23
TEL 042-554-2136 ファクス 042-555-5373

Copyright(C) 2009〜 Hashiomoto Hirotaka All rights reserved.