“春は名のみの風の寒さや〜” 私の好きな日本の唱歌『早春賦』の中の一節です。 とうに立春が過ぎてもまだまだ寒さが続いていますが、来たる桜の季節を素直に喜べない「国難」というべき大災害が発生しました。

「東日本大震災」の犠牲になられた皆様、また被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。未曾有のこの大震災は、やや上向きかけていた日本経済に大きな打撃を与え、また原発事故は安全性に大きな不安を与えるものとなりました。

しかし、世界中が注目するこの状況下で、節電、節水に心掛け、冷静沈着な行動が出来るのが日本人であります。ある中国の新聞は「多くの中国人は地震発生後の日本人の秩序ある行動に敬服する」とのコメントを出しました。また、原発施設の放水の任務を遂行したある東京消防庁隊長の奥様の「あなたが日本の救世主になってください」というメール紹介記事には心打たれました。今、この瞬間にも災害復旧に命懸けで立ち向かっている関係者の方々に心よりの感謝と敬意を表したいと思います。

こういう非常時こそ、国民が一致団結して復興支援に取り組むべきと考えます。我々被災していない者の役割は「自分の力が必要」とされるその日に備え、自分の生活と健康を守ることであり、それが最大限の義務ではないでしょうか。

最近、名古屋市で河村市長のもとで出直しの市議会議員選挙がありました。彼のもくろみ通り、『減税日本』が第一党となりました。「市民税10%減税」と「市会議員報酬半減」を掲げて当選した市長と同じ公約で当選した議員が28議席を獲得しました。しかし、議会と首長は「二元代表制」、つまり議会がしっかり首長をチェックする機能を果たさなくなったら『独裁者』を生み出してしまいます。議員報酬(羽村市議報酬は1/2以下)は議論の余地はありますが、市民税減税の原資をどこから生み出すつもりなのでしょうか。民主党のマニュフェストで痛い目に遭っている市民がまた同じ目に遭わないことを祈るばかりです。

思えば4年前、多くの皆様のご支援により議場に送っていただき、微力ながら議員として働かせていただきました。この四月の羽村市議会議員選挙に、新たな気持ちで二度目のチャレンジをしていく決意であります。こんな状況下で心苦しい限りではありますが、皆様のご理解をお願いし、ご挨拶といたします。

■1月

※母の喪中につき、1月前半の新年の祝賀行事は控えさせていただきました。

12日
18日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
29日

議会だより編集委員会
防衛協会 役員会
宮地町内会班長会
後援会幹部打合せ会
第78回自民党大会 GP赤坂
議会だより編集委員会
防衛協会 賀詞交歓会
自民党羽村総支部 役員会
羽村市商協 理事会
緑ヶ丘ソフト 新年会

■2月

1日
5日
7日

10日

15日
16日

17日
18日
19日

20日

21日
22日

23日
24日
26日
27日

自民党三議連合同会議 立川G
水道事業50周年記念式典
新政会市民クラブ政策研究会
自民党三議連通常総会 立川G
議員全員協議会 予算説明会
東京都市議会議員研修会 府中森
一般質問提出
羽村、瑞穂学校給食組合議会
宮地町内会 役員会
阿蘇神社万灯会全員協議会
公明党会派との議会対策
宮地交友会 前期誕生会
元西消OB「西一会」懇親会
宮地町内会 資源回収
自民党羽村総支部 定期大会
議員運営委員会(傍聴)
新政会市民クラブ政策研究会
私立保育園四園会 懇親会
羽村市消防団OB 打合せ会
羽村市商協通常総会 本町会館
橋本ひろたか後援会 打合せ
羽村にぎわい券発売(自宅)


水道事業50周年武蔵野小発表会





宮地交友会前期誕生会

■3月

1日

2日

3日
4日
5日
6日
8日

9日
11日

15日

16日

17日


18日

19日
22日
23日
24日
26日

羽村市議会定例会(一般質問)
宮地町内会 班長会
羽村市議会定例会(一般質問)
本町西口商店会 総会
羽村市議会定例会(一般質問)
羽村市議会定例会
羽村クリーンアップ運動
「励ます会」 加美会館
経済委員会
三議連事務局申入れ 立川
多摩モノレール建設促進委員会
予算審査特別委員会(1日目)
東北地方太平洋沖地震のため中断
予算審査特別委員会(2日目)
阿蘇神社 氏子総会
予算審査特別委員会(3日目)
自民党羽村総支部 役員会
予算審査特別委員会(4日目)
土地開発公社評議委員会
後援会準備会 加美会館
羽村第一中学校 卒業式
都連申入れ 井上事務所
まつの木保育園 卒園式
羽村市議会定例会(最終日)
宮地町内会 総会資料製本
羽村西小学校 卒業式
宮地町内会総会 加美会館


羽村賑わい券販売(自宅にて)







羽村クリーンアップ運動終点

1項目 「放課後子どもプランについて」

(1)放課後子ども教室の取り組みについて

(質問)来年度から東小学校で実施予定であるが、運営管理はどう行っていくのか。

(答)各実施校ごとに運営委員会を置き、その中で実施内容等を検討していく。その構成は全体を見守るコーディネーターと当該校の教職員とPTAの代表者及び青少年対策地区委員会の代表者、そして直接児童を見守る主任指導員、地域のボランティアの代表者等を予定している。児童の見守り体制としては、主任指導員1人、安全管理や身守りを行う指導員2人、そして、ご協力をいただくボランティアの方々である。

(質問)安全面での配慮は。

(答)指導員2人に常時携帯電話を持たせ、緊急時には市の担当部署と連絡ができる体制をとっていく。

(質問)今後、推進していく上での課題は。

(答)地域の特色を持った活動を実施していくうえで、地域のボランティアの方々の人材確保が課題であるので、町内会、自治会等にお願いしていく。

(2)放課後子ども教室の取り組みについて

(質問)開所時間延長に向けての検討は。

(答)保護者のアンケートでは、59%の方が有料による延長を希望している。しかし、時間延長は就業支援という側面では必要性が高い反面、児童にとっての負担が増えることから慎重な対応が必要であるので、それらを踏まえ、検討を行っている。

放課後子ども教室実施予定の東小学校 増築された栄第二学童クラブ
※近年の急激な少子化、核家族化により、放課後等における児童・生徒の安全な居場所の確保や健全な交流活動の実施が求められています。来年度から東小学校で「放課後子ども教室」が実施されます。従来から実施されている「学童クラブ」と合わせ、放課後子どもプランのさらなる充実に向けて質問しました。

2項目 「羽村市のメール配信サービスについて」

(質問)現在の配信サービスの内容と種類は。

(答)現在7つに分類され、その区分は
・火災や地震、気象情報などの災害情報
・不審者や犯罪、迷い人などの防犯情報
・イベントの実施・中止、開花状況などのイベント・観光情報
・税金の納期や感染症の流行、選挙に関するお知らせなどの行政情報
・子育て支援に係るお知らせやイベント情報
・教育委員会からの保護者向けの情報
・生涯学習センターからのイベント情報
などである。

(質問)登録している市民の数は。

(答)平成23年1月末現在で2,924件の登録がある。

(質問)一番多く配信した内容と回数は。

(答)防犯情報の中で、迷い人に関するお知らせで23件である。

(質問)登録メールアドレスのセキュリティの確保は。

(答)メール配信サービスの専用システムにおいてすべて暗号化し、厳重に管理している。

(質問)各学校での不審者情報のメール活用について

(答)学校へ寄せられた不審者情報提供のためのメール活用は有効であると承知しているが、情報提供する内容や、市の防犯情報との整合性などを図る必要があるので、現在検討を行っているところである。

(質問)防災行政無線との併用による注意喚起を。

(答)市民生活に直接影響のあるものや、緊急性の高い情報は併用してお知らせしている。特定の市民にお知らせする情報はメール配信のみで行っている。今後も、伝達すべき内容を的確に判別し、より一層効果的な情報提供を行っていく。

羽村市行政防災無線 停電情報を配信中の羽村市メール
※帯電話は今や最も身近な生活アイテムになりました。現在、羽村市のメール配信サービスが行われていますが、より市民に有効な情報提供の充実のために質問しました。偶然、この直後に東日本大震災が発生し、羽村市民の登録数は一万件を超えたそうです。

ここに第16号の後援会の通信を送付させていただきます。
平成19年4月の当選以来、16回目の議会の報告です。
4月の市議会議員選挙で1期4年の評価、私の通信簿が出ます。
これからも初心を忘れず、羽村のために働かせていただきます。

年度 定例会議 質 問 内 容
19 6月会議 1 防災訓練に小中学生の参加を
2 羽村市内の遊歩道の状況について
9月会議 1 「三位一体改革」による税源移譲後の市都民税の納付方法について
2 AED(自動対外式除細動器)の設置状況は
3 災害時の簡易トイレについて
12月会議 1 環境、防災面からの雨水対策について
2 ジェネリック医薬品(後発医薬品)使用の促進について
3月会議 1 今後のスポーツセンターの利用時間編成について
2 住宅用火災報知機の設置促進について
3 自主防災組織の防災力向上について
20 6月会議 1 羽村駅西口土地区画整理事業について
2 学校給食について
3 小中学校における情報モラル教育について
9月会議 1 幅員4m未満の道路(狭あい道路)の整備、対策について
2 裁判員制度のスタートに向けた市の対応について
12月会議 1 加美地区の道路状況について
2 自転車の交通事故対策について
3 防災行政無線の今後のあり方について
3月会議 1 貴重な樹林地、緑地を残す施策について
2 消防団員資格の一部拡大について
21 6月会議 1 高齢者向けの賃貸住宅について
2 災害時の避難所機能の整備と総合防災訓練について
3 災害時要援護者登録制度について
9月会議 1 市税ほか収納率の向上策について
2 美しく、清潔な街づくりについて
12月会議 1 市税(課税)の自主申告について
2 企業誘致施策の今後の展開について
3 小作台5丁目18番に所在する市有地の有効利用を
3月会議 1 民生委員・児童委員(社会福祉委員)の状況について
2 安心、安全の取り組みについて
22 6月会議 1 第五次羽村市長期総合計画策定に向けた取り組みについて
2 羽村市における契約制度について
9月会議 1 普通交付税の「不交付団体」から「交付団体」に移行した影響と
これからの財政運営について
2 自然災害対策について
12月会議 1 活気ある羽村のまちづくりについて
2 市職員のアイデアや能力を引き出す施策について
3 平成23年度予算編成への取り組みについて
3月会議 1 放課後子どもプランについて
2 羽村市のメール配信サービスについて

私の四年間の一般質問を一覧表で掲載します。
これからも、市民の皆様の福祉のために働いて参ります。

橋本ひろたか 連絡先
〒205-0017 東京都羽村市羽西2-10-23
TEL 042-554-2136 ファクス 042-555-5373

Copyright(C) 2009〜 Hashiomoto Hirotaka All rights reserved.