やってみなはれ!!

厳しい寒さが続いていますが、陽は少しずつ延び、ろう梅の黄色い花が可憐に花開き、ほのかな香りと共にわずかな春の訪れが感じられます。

平成27年のひつじ年が明けました。ひつじは群れをなすことから「家族の安泰」、ひいては「平和」に暮すことを意味しているそうです。今年が災害の少ない穏やかな年になることを祈るばかりです。

昨年の世相を表す漢字は「税」でした。何といっても4月に消費税率が引き上げられたことがその理由と考えられますが、あまり深い意味のない漢字一文字になりました。私が予想していた漢字は災いの「災」の一字で、2月の大雪に始まって夏の広島の土砂災害や木曽御嶽山をはじめとする火山噴火、超大型台風の襲来、最後は長野県北部での震度6弱の地震等・・・。実は昨年のこれらの自然災害は平成16年と酷似するそうです。この年はあの新潟県中越地震が起きた年です。そしてその平成16年の漢字がやはり「災」だったそうです。

今年は阪神淡路大震災からちょうど20年を迎えます。改めて私たちは日頃の備えの確認、点検をしながら、防災、減災に取り組まねばなりません。

世界に目を向けてみると、テロの脅威が拡大し、多くの尊い命が失われました。一部の過激な思想をもったグループのテロ行為は絶対に許すことのできない蛮行です。これは決して対岸の火事ではなく、5年後の東京開催のオリンピック・パラリンピックを見据えたテロ対策を最重要課題と捉えていくべきです。

今年に入り様々な食品への異物混入事故が続いています。企業も安全性を高める努力をしているにも拘わらず、個人の様々な情報発信により「けしからん!」、この手の事故報道が続きます。たしかに遺憾ではありますが、食の安全に「完璧」を求めることをどこまで行なえばいいのか、考えさせられる問題です。

「やってみなはれ!」これはNHKの朝の連ドラの中に登場の鴨居商店のモデル、サントリーの創業者の鳥井信治郎氏の言葉です。新しいものにチャレンジをする時に部下の失敗の責任追及をせず、自ら責任を負うというリーダーの言葉に重みを感じます。私も8年前に、皆さまから「やってみなはれ ! 」と背中を押していただきました。これからも、皆さまの温かいご支援をお願い申しあげます。

■10月

1日
3日

4日
7日


8日
9日
10日
12日
14日
15日
16日
17日
18日

阿蘇神社 秋季例大祭
商工会工業部会 交流会
議会だより作成
東日本大震災 講演会 
羽老連ペタンク大会
議会だより編集委員会
羽村市防衛協会 役員会
全国都市問題会議 高知県
    〃
    〃
羽村市民体育祭
経済委員会 会議
経済委員会行政視察 徳島県
    〃
    〃
まつの木保育園 運動会

19日


20日

21日
22日
23日


24日
25日

26日

27日
29日

加美4町内球技大会 インディア
ふれあい福祉まつり
自民党美原支部 懇親会
マミーショッピング再生会議
林田都議総務会長祝賀会 
自民党青年部研修会 ANA
羽村西小同窓会打合せ
議会だより編集委員会
普通救命更新講習会
多摩川堤防懇談会
自民党羽村総支部 役員会
羽村東小学校 地域フェス
議会だより 市内配布
     〃
加美4町内球技大会 ソフト
編集委員会視察受入 天理市
西多摩地区議員講習会 桧原村

議員普通救命講習会 ごみゼロ取り組み視察 徳島県上勝町

■11月

2日
3日
4日
5日
6日

8日
9日


10日
11日
12日

13日

14日
15日
16日

羽村市産業祭 富士見公園
護国神社 秋季大祭
井上信治後援会ゴルフ
まつぼっくり保育園 予算作成
松栄福祉会 理事会
福生病院組合議会 打合せ
羽村西小学校同窓会 玉川苑
羽村市内美化運動 宮地4班
青少年子どもフェスティバル
美原文化祭 美原会館 
自民党羽村総支部研修旅行
福生病院組合議会定例会
羽村市幼稚園保護者会連合大会
自民党三議連冬期研修会 石和
経済委員会 打合せ
都市整備部長 打合せ
議員全員協議会
西小学校展覧会
12月議会一般質問 作成

18日
19日
20日

21日
22日


23日
24日
25日
26日
27日
28日

29日

30日

12月議会一般質問 提出
自民党青年部員との懇談
新政会市民クラブ、公明党打合せ
自民党政経パーティー券企業回り
宮地町内会ゴルフコンペ
羽村市社協福祉大会 開会式
羽村市P連 30周年祈念式典
衆院選々対会議 井上事務所
北72会 ゴルフコンペ
多摩東京平和大使セミナー
東京都連緊急支部長会議 党本部
ふるさと祭り反省会 小作台会館
羽村総支部、井上後援会合同会議
西多摩地区消防団連絡協議会
井上信治選対会議 井上事務所
井上信治選対 事務所開き
羽村市保育展 ゆとろぎ
大原稲荷神社史発刊記念祝賀会
井上信治総決起集会 福生市

美原文化祭 子どもたちの生け花 自由民主党研修旅行 富士山5合目

■12月

1日
2日


3日

4日

5日
6日

7日



8日
9日

10日

西多摩建設事務所政策研究会
衆院選告示ポスター貼り指示
井上信治候補出陣式 河辺駅
羽村市議会定例会(1日目)
羽村市議会定例会(橋本一般質問)
経済委員会 会議
羽村市議会定例会(3日目)
羽村市商協忘年会 玉川苑
羽村市議会定例会(4日目)
羽村市体協納会 ゆとろぎ
まつの木保育園忘年会 ちんか
小作台西町内会餅つき
羽村駅西口 にぎわい音楽祭
井上候補個人演説会 加美会館
    〃     富士見平会館
井上候補者夫人 市内挨拶廻り
井上候補者街頭演説会 羽村駅
羽村市防衛協会忘年会 玉川苑
羽村市議会 補正予算審査会
選対会議 井上選対事務所

11日
12日
13日

14日

15日
17日
18日
19日
20日


22日

23日
25日
26日

もちつき まつぼっくり保育園
五分団OB会 川波
美原里山の会忘年会 美原会館
井上信治候補打上げ式 河辺駅
おやじの会 昼食会
当選報告会 井上選対事務所
経済委員会 議会だより取材
二市一町保守系議員 懇親会
羽村市議会定例会(最終日)
30周年記念式典 小作西武信金
自民党羽村支部青年部 忘年会
お楽しみ発表会 まつぼっくり
まつぼっくり忘年会 シダックス
ゆず収穫 まつぼっくり保育園
松栄福祉会理事会、忘年会
航空自衛隊 Xマスコンサート
ゆとろぎ 打合せ
多摩川流域議員研修会 青梅市

小作台西町内もちつき まつぼっくり保育園 お楽しみ発表会

2項目 「小・中学生の自転車利用について」

去年9月に発生した双葉町での女子中学生の自転車死亡事故は痛ましく、残念な事故であった。対外試合を終えて帰宅する途中のこの事故は、学校関係者や保護者に大きな衝撃が走った。小中学生の自転車利用の安全徹底のために質問を行なった。

(1)中学生の部活動での対外練習や対外試合における自転車利用の現状は。

(質問)

中学生が自転車の利用する機会のある部活はどのくらいあるか。

(教育長)

現在、市内の中学校には57の部活動があるが、自転車を利用する部活動は38部ある。

(質問)

自転車利用の距離は誰がどう決めているのか。

(教育長)

対外練習や対外試合における自転車利用の距離等は、部活動の顧問と学校長が協議を行ない決定している。

(質問)

今回の事故を受けて、どのような対策を行なったのか。

(教育長)

教育委員会では全小中学校に文書を通知し、部活動の指導体制を確認し、安全指導の徹底を図り、部活動等での移動の際にはできる限り公共交通機関を利用し、教員が引率するなどの安全配慮について指示をした。

(2)中学生の自転車通学の現状は。

(質問)

中学生の自転車通学の条件は。

(教育長)

羽村一中は学校から1.7km以上で主に西の地域(小作台地域)の生徒、羽村二中は学校から1.3km以上で地区の指定を設けている。羽村三中は自転車通学を認めていない。

(質問)

各中学校の利用者数は。

(教育長)

羽村一中は116人で全生徒の19%、羽村二中は165人で全生徒の28%である。

(質問)

安全面において、学校はどのような指導を行なっているのか。

(教育長)

交通安全の確保、事故防止に向けた指導については、年間の指導計画に位置付け、日頃から実施している。また、警察署等の交通安全教室や、中学におけるスタントマンによる事故再現を通じて危機意識を持たせることも実施している。

スタントマンによる交通安全教室 羽村二中駐輪場

3項目 「庁内におけるペーパーレス化の推進について」

紙ペースでの情報のやりとり、その蓄積はコスト面、環境面、さらに機能性、セキュリティの面で見直す時期が到来していると考える。紙をすべてなくすのではなく、情報通信分野の活用などによるペーパーレス化の推進ができないか。また、ペーパーレス会議システムの導入についても取り組むべきと考えるが。

(1)紙類の削減について

(質問)

紙類の1年間の購入額、使用量は。

(市長)

購入額は約230万円、使用量は約210万枚である。

(質問)

庁内での印刷量とそのコストは。

(市長)

印刷量は購入量と同様の約210万枚、コストは860万円である。

(質問)

廃棄量とそのコストは。

(市長)

紙の廃棄実績は21,640Kgで、A4版のコピー用紙に換算すると約540万枚となり、このうち12,290Kgの機密文書に廃棄コストがかかり、その費用は約13万円である。なお、廃棄した紙類についてはすべて再利用されている。

(質問)

紙類削減の取組みについて。

(市長)

これまで事務の効率化のために電子化し、事務処理の効率化を図ってきた。それにより、紙ペースからペーパーレス化につながった。特に庁舎内での庁議等の会議、研修等でもパソコンを使用してペーパーレス化を実践している。各職員のペーパーレス化の意識は醸成されていると捉えているが、その意識が継続されるよう、さらに注意喚起していく。

(2)ペーパーレス化への取組みについて

(質問)

今後の可能性は。

(市長)

不要な文書の作成を行なわないシステムづくりが重要である。そのほかペーパーレス化に有効な電子的な機能の活用や、電子決裁システムの導入等が有効であるので、それらの仕組みを研究していく。

※ この他、1項目目1項目 「新教育長の就任にあたって」を質問しました。

イオンタウン出店のその後の状況について

多くの市民の皆様から、たびたびイオンタウン出店時期についての問い合わせが寄せられています。現在、羽村市や東京都との協議を重ねている最中です。一年間の環境調査の後に店舗の建設が始まります。
完成は平成29年4月を目途にしているとのことです。

現在のイオンタウン予定地

ここに第31号の議会だよりを送付させていただきます。
羽村市議会本会議はTCNの生中継放送で見ることができます。開かれた議会施策の一環としてどうかご覧ください。12月議会本会議は、インターネット配信でご覧いただけます。

ご意見、ご要望がございましたら遠慮なくお申し出下さい。

橋本ひろたか 連絡先
〒205-0017 東京都羽村市羽西2-10-23
TEL 042-554-2136 ファクス 042-555-5373

Copyright(C) 2009〜 Hashiomoto Hirotaka All rights reserved.