末は博士か・・・!

北の大地に渡り鳥飛来のニュースが伝わって来ました。根がらみ前水田では案山子たちも御役御免となり、本格的な秋の訪れを感じる候となりました。

暦もあとわずかとなりましたが、今年もやはり自然災害の多い年でありました。先の水害に見舞われた茨城県常総市とその近隣の皆様には心からお見舞いを申し上げます。また、列島各地の活火山の様子も気にかかるところです。

9月議会が終わりました。26年度の決算審査も同時におこなわれましたが、私は監査委員のために審査会での発言はいっさい出来ず、少々ストレスが溜まりました。しかし、全ての案件は承認、可決され9月議会は終了しました。

私は今議会で「マイナンバー制度」について一般質問を行ないました。この制度については多くの問題を抱えており、円滑な導入には困難が予測されますが、いっそうの努力を市に求めました。(質問の詳細は後ページで記載しています)

今年は戦後70年の節目の年でした。市でも平和式典が開催され、平和の大切さを改めて感じるとともに、日本の戦後の平和への取組みを誇りに思います。

しかし、相変わらず隣国の指導者たちの言葉には「失望」を禁じ得ません。これでは1000年経っても友好な関係は結べず、我々の子孫は永遠に謝罪しなければならないのでしょうか?「未来志向」の指導者が早く出てほしいものです。

中国の人たちによる「爆・・」という言葉は今年の流行語になるでしょうか?
そして日本だけでなく、インドネシアへの新幹線の売り込みも「爆・・」で契約を取り付けました。もはや、日本の技術力、国際常識などは通用しなくなり、これから日本政府は外交戦略を大きく転換する時期が到来しています。

そんななか、ノーベル賞に二人の日本人が選ばれたことは溜飲の下がる想いです。特に祖母から世のため人のために働くことの大切さを教えられた大村智先生はその教えの通り、アフリカや中南米で失明の危機に瀕した何億人もの人たちを救う風土病薬の開発に大きな功績を残しました。大村先生の生きざまと共に、その好奇心、バランス感覚の素晴らしさに感動しました。(梶田隆章先生も受賞されましたが、私にはその内容が難しすぎて理解不能です? ? ? )

今、日本の小学生の理科離れが問題となっています。将来、なんとかお二人の先生に続く子供たちが育ってくれることを祈ります。

■7月

1日
3日

4日


5日
6日
7日

8日
9日
10日

11日

13日
14日

15日
16日

17日

青梅市議との情報交換会
井上信治後援会 打合せ
朝顔、ほおずき市 準備
自民党富士見平地区懇親会
朝顔、ほおずき市 手伝い
まつの木保育園 縁日
竹伐り手伝い コムネット
都連来年度要望書 検討
議会だより(橋本)印刷
第五分団 操法大会激励
都市監査委員会 役員会
まつぼっくり縁日 手伝い
新園舎案内 厚生委員会
三水協 正副会長委員長会議
西多摩団長OB会 故人墓参
七夕まつり コムネット
議会だより 市内配布
第3委員会 正副会長会議
橋本後援会 役員会議
関東都市監査委員会 総会
ポイ捨て禁止キャンペーン
議会改革他打合せ 新政
平成26年度 一般会計等監査

17日
18日


19日

21日
22日

23日

24日

25日
26日

27日
28日
29日
30日
31日

羽村市消防団OB会 墓参り
羽村市少年少女球技大会
宮地町内会 盆踊り大会
小作台西    〃
羽村市消防団ポンプ操法大会
小作本町 盆踊り大会
平成26年度 一般会計等監査
三多摩道路建設促進協議会
羽村市防衛協会 役員会
平成26年度 一般会計等審査
自民党羽村総支部 暑気払い
平成26年度 一般会計等審査
区画整理事業説明 都市整備部
はむら夏まつり 開会式
   〃    出店者激励
青梅市議との情報交換会
羽村市議会 改革推進委員会
羽村市防衛協会青年部 集金
   〃    納涼会
都後期高齢者医療広域連合会
羽村駅自由通路説明 建設部
北杜市議会議員交流事業

七夕まつり コムネット主催 羽村市消防団 ポンプ操法審査会

■8月

3日



8日


9日
10日

11日

15日


16日

阿蘇神社ラジオ体操(〜20日)
観蓮会 根がらみ前水田
父13回忌法要 一峰院
間坂第二町内会 納涼祭
要望行動 西多摩保育園連合会
飯田恭之氏 叙勲祝賀会
栄第二町内会 盆踊り
間坂第一町内会 納涼芸能大会
羽村市議会改革推進委員会
松栄福祉会 理事会
総務委員会 打合せ
東京都陳情行動 三水協
戦後70年 羽村市平和記念式典
靖国神社 参拝
田の上二 納涼大会
郷土資料博物館30周年記念式典

16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
25日
26日

27日
28日
29日

31日

灯篭流し実行委員会 役員来訪
9月一般質問 作成
9月一般質問 提出
財務省他陳情行動 三水協
新政会、公明党 陳情打合せ
東京都議会予算要望 三議連
橋本後援会 市議選反省会
星空コンサート 西小学校校庭
例月出納監査 監査委員
9月一般質問部長との検討
青葉会 懇親会
全国都市監査委員会総会 徳島県
    〃
9月一般質問原稿作成
灯篭流し実行委員会 地区総会
農業委員会 意見書提出立会い

東京都予算要望 都議会議長へ 観蓮会 根がらみ前水田

■9月

1日
2日
3日
4日

5日

6日
7日
8日

9日

10日
12日

13日
16日
17日
18日

羽村市議会定例会(初日)
   〃   (橋本一般質問)
   〃    (3日目)
   〃    (4日目)
基地対策特別委員会
玉川水神社 修襪式
コムネット 七夕反省会
羽村市総合防災訓練
羽村市防衛協会 IHI他訪問
補正予算審査特別委員会
議員全員協議会
経済委員会 付託協議(傍聴)
総務委員会 付託協議
市民相談
シルバーはむらふれあい祭り
杏林・羽村コモンズ 開会式
羽村にぎわい商品券販売(自宅)
決算審査特別委員会(1日目)
決算審査特別委員(2日目)
   〃    (3日目)
羽村市防衛協会 役員会

19日
20日
21日

24日
25日

26日


27日


28日

29日

30日

まつぼっくり保育園 運動会
横田基地 日米友好祭
市民相談
敬老のつどい
総務委員会 横浜市行政視察
議会運営委員会(傍聴)
新政会、公明党 意見調整会議
羽村ふるさと祭り 開会式
宮地交友会 前期誕生会
宮地町内会4班 懇親会
松本神社 秋季例祭
井上信治後援会 役員挨拶回り
灯篭流し実行委員会 総会
議会改革推進委員会
議員研修会
例月出納監査 監査委員
羽村市商協 役員会
羽村市議会定例会(最終日)
議員、理事者、部長懇親会

羽村市総合防災訓練 西小避難所 横田基地 日米友好祭

1項目め 「新会計基準について」

本年1月、総務省から地方公会計についての通知があり、公会計整備に関わる統一的な基準が示された。今までの会計制度は現金の収支という事実に基づいた現金主義と単式簿記により行なってきた。しかし、資産や負債の情報が解かりにくく相互の関連性が見えて来ないことなどが指摘され、これらの問題点解決のために公会計新基準が導入されるものと理解する。

(質問)

今までの制度とどう違うのか。

(市長)

統一的な基準による財務書類を作成するために、決算統計データに代わり、「固定資産台帳の整備」、「発生主義・複式簿記の導入」が必須となることである。

(質問)

羽村市の今後の移行方針は。

(市長)

既に固定資産台帳の整備に取り組んでいるので、平成28年度決算から発生主義に基づく、統一的な基準による財務書類等を作成していく。

2項目め 「マイナンバー制度の開始に向けて」

税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度の序章として、本年10月に住民票を持つ人全員に12桁の番号通知が開始され、来年1月から個人番号カードが交付される。しかし、この運用には市民の理解不足やセキュリティ不安など、様々な課題が見えてくる。羽村市に於いても円滑な導入に向けて更なる周知の徹底につとめるべきと考える。

(質問)

現時点での準備状況は。

(市長)

電算システムの最終チェックを行なうとともに、「羽村市個人情報保護条例」などの関係例規の整備、市民への制度周知などの準備を進めている。

(質問)

既存システムの改修状況及び新規システムの整備状況は。

(市長)

すでに平成26年に住民基本台帳システムと宛名システム等の改修を行ない、次に新規の団体内統合宛名システムを整備し、その後税関係のシステム改修を実施した。システム改修等については平成26年度に大部分が終了し、平成27年度は運用開始に向け検証と細かな修正を行なっている。

(質問)

個人情報とセキュリティへの対応は。

(市長)

職員には研修等により情報セキュリティポリシーの遵守徹底、個人情報の保護に取り組んでいる。これまで以上の個人情報の厳格な扱いが求められるので、今後はセキュリティに関する意識レベルの向上、また生体認証装置等によるアクセス権限の管理強化などを検討していく。

個人番号カード見本(案)
☆現在、マイナンバーを悪用した詐欺事件が発生しています。決して他人に自分のナンバーを教えないように、注意をお願いします。

3項目め 「羽村市における樹木の管理状況について」

(質問)

羽村堰の桜の東京都の調査結果はどうだったのか。

(市長)

本年6月、水道局羽村取水所長より、26年度中の調査で問題のある樹木については、本年度精密診断を行ない、その結果により再生計画を策定するという説明を受けた。市としても、市のシンボルであり、貴重な観光資源である桜並木の保存に強力に対応していく。東京都に対し、早急の対応を依頼し、再生計画の作成に関しても水道局と緊密に連携を図っていく。

(質問)

公園等の伐採された樹木の処分、そしてその再利用による市民提供の施策は。

(市長)

樹木の処分は再資源化処理施設での処理や、剪定破砕作業車でのチップ化などによる公園や緑地での敷均しでの土壌改良や、農家の堆肥等として利用されている。 また、再利用が可能な木材はボランティア団体により、公園内の木製ベンチや、土留め材として再利用されている。

(質問)

伐採された丸太類を一般家庭に提供したらどうか。

(市長)

本来、丸太類は公園の整備に使用する予定だが、多摩川上流出張所では河川で伐採された樹木の一般提供を行なっている。調べてみると他市でも行なっているということなので、その事例を研究していきたい。

剪定破砕作業車と粉砕したチップ グリーントリム公園の伐採材の保管状況

ここに「はむらっ子通信」の第34号をお届します。
9月議会本会議は羽村市ウェブサイト・インターネット配信でご覧いただけます。
ご意見、ご要望がございましたら遠慮なくお申し出下さい。

橋本ひろたか 連絡先
〒205-0017 東京都羽村市羽西2-10-23
TEL 042-554-2136 ファクス 042-555-5373

Copyright(C) 2009〜 Hashiomoto Hirotaka All rights reserved.