そだね〜!

羽村駅西口広場での6神社の山車の競演や羽村堰神輿の川入れも終わり、羽村は一気に若葉の萌える初夏となりました。長く厳しい冬が終わった途端、ゆっくり花を愛でる暇もなく一気に桜とチューリップが同時に開花するという気候の異変に、大いに戸惑いを感じます。この先、超大型台風の上陸などはないのか、今年の夏はどうなるのか…、漠然とした不安が脳裏をよぎります。

三月議会が終わりました。各種議案審議、一般質問と併せて平成30年度予算審査も同時に行われました。羽村市の今年度と来年度の二年間の財政は非常に厳しい状況が続くという見通しが示されました。法人市民税をはじめとする一般財源の減少や、いわば市の「貯金」といえる基金積立金が大幅な減少に転じています。私たちの議員報酬(26市中25番目)は「羽村市特別職報酬等審議会」では平成7年度から23年ぶりに改定(3万円増)の答申となりましたが、財政難を理由に議員報酬改定は先送りとなりました。議員が率先して経費削減に取り組むべき状況下ではやむを得ない措置と理解するものです。

平昌冬季五輪は日本人選手の活躍で大いに盛り上がり、日本国民は寝不足になりながらも日本人選手を必死で応援しました。特にカーリング女子チームがあの試合中に発する「そだね〜」は大きな話題となりました。この競技をメジャーに押し上げた貢献度は大きく、また同時にチームワークの大切さを教えてくれます。「そだね〜」は今年の流行語大賞にノミネートされることは確実です。

3月は別れの季節です。議員として卒業式に出席させていただく機会がありましたが、時代と共に様変わりをしています。特に小学校の卒業生の服装が女子の袴姿だけでなく、男子の羽織袴姿を見て驚くと同時に少し違和感も感じています。人生の節目を祝いたい親御さんの気持ちは理解できますが、格差社会と言われる中、本来の卒業式の意味をもう一度考えるいい機会ではないでしょうか。

米国での大谷翔平選手の活躍に目が離せません。あの二刀流が大リーガーでも通用することを実践してくれています。またテレビの楽しみが増えました。

それにしても…、花粉症でくしゃみが止まりません。

■1月

1日
3日
5日
6日

7日


8日

10日

11日

12日

13日

阿蘇神社 元旦祭
靖国神社参拝 箱根駅伝応援
だるま市準備 農産物直売所
だるま市手伝い  〃
並木市長 新春の集い
羽村市消防団出初式 羽村一中
第五分団出初式 加美会館
消防団ОBはしもと会懇親会
西地区他 どんど焼き
羽村市成人式 ゆとろぎ
羽村市商工会経済講演会
  〃   賀詞交歓会
羽村市議会議員研修会
議会だより 市内配布
  〃     〃
自民党羽村総支部役員依頼
宮地町内会 餅つき大会
羽村市内各神社のお囃子競演

14日
15日
16日

17日
19日

20日



25日
26日

28日
30日

31日

交通安全推進委員会出動式
議会改革推進委員会
羽村私保協と厚労省意見交換会
羽村市商工会青年部賀詞交歓会
新政会財政説明 企画、財務部
自民党定期総会 資料作成
 〃 羽村総支部 会計監査
羽村西小学校公開授業
羽村市教育シンポジュウム
まつぼっくり保育園生活発表会
〃       新年会
羽村市商協理事会
新政会、公明党 打合せ
灯篭流し加美地区新年会 川波
羽村市ふれあい綱引き大会
自民党25選挙区青年部新年会
社福、各部打合せ 羽村市役所
社福関連書類提出 青梅税務署

羽村市消防団出初式一斉放水 一中校庭 羽村の祭ばやしの競演INゆとろぎ

■2月

1日
2日

3日
5日
6日
7日

8日

9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日

自民党羽村総支部 役員会
新政会、公明党 打ち合わせ
羽老連福祉大会 ゆとろぎ
まつの木保育園 引越し
三議連通常総会、研修会 立川
新政会、防災協力会勉強会
新政会政策研究会(予算)
チャリティゴルフ実行委員会
東京都市議会議員研修 府中の森
小作西武会総会 ゆとろぎ
議員全員協議会、予算説明会
西多摩消防団長ОB会 花膳
3月議会 一般質問作成
自民党25支部役員懇親会 青梅
3月議会 一般質問提出
正副議長・議運委員長・理事者会議
羽村市防衛協会50周年記念式典

16日
17日
18日
20日
21日

22日

23日


24日
25日

26日
27日
28日

新政会・公明党陳情打ち合わせ
まつの木保育園 生活発表会
羽村市にぎわい商品券販売
羽村市議会 議会運営委員会
青梅羽村地区工業用水議会
新政会政策研究会(議案説明)
議会改革推進委員会
新政会、公明党打ち合わせ
宮川宮司宅 万灯竹切りだし
羽村市議会議員研修会
羽村第一中学校 訪問
青梅法人会講演会 岸田元大臣
宮地交友会29年度後期誕生会
自民党羽村総支部定期総会
3月議会一般質問 再質問検討
羽村市商業協同組合通常総会
羽村市議会定例会(初日)

三議連研修会 小泉進次郎講師 まつの木保育園 新園舎引っ越し

■3月

1日
2日
3日
5日
6日
8日

9日
10日
11日
13日
14日

15日
15日
16日
17日

羽村市議会定例会(橋本一般質問)
   〃    (3日目)
まつの木保育園 新園舎内覧会
予算審査特別委員会(補正)
羽村市議会定例会(4日目)
常任委員会(経済委員会)
  〃  (議会運営委員会)
常任委員会(厚生委員会)
灯篭流し実行委員会
小作本町ふれあい文化祭
予算審査特別委員会(30年度)
   〃
本町西口商店会 定期総会
予算審査特別委員会(30年度)
阿蘇神社総会 加美会館
阿蘇神社万灯会総会 すたいる
まつの木保育園 卒園式
羽村西小吹奏楽 定期演奏会

19日
20日
22日

23日

24日
24日
25日

26日

27日
28日
29日
30日
31日

羽村市議会運営委員会
羽村第一中学校 卒業式
羽村西小学校 卒業式
羽村市商工会青年部ОB交流会
羽村市議会定例会(最終日)
議員、理事者、部課長懇親会
まつぼっくり保育園 卒園式
花と水のまつり2018開会式
交通安全推進委員会任命退任式
羽村一中 吹奏楽部定期演奏会
宮地交友会 会計監査
松栄福祉会理事会
自民党青年部情報交換会
青梅市長面接 日本犬保存会
議会改革推進委員会
まつぼっくり保育園 送別会
宮地町内会総会 加美会館

羽村市交通安全推進委員会任命退任式 羽村一中卒業式 卒業制作作品

1項目「羽村市土地開発公社保有の整備用地について」

羽村市土地開発公社は、羽村市が将来に必要な土地の先行取得、管理などを行うために羽村市が100%出資し設立された特別法人です。取得してから5年程度で羽村市が買い戻しを行うのが通例ですが、いわゆる「塩漬け」と言われる土地を保有していることも事実です。土地開発公社保有の川崎字武蔵野の整備用地の今後の運用について、質問をしました。

(質問)

この土地の取得年月日と購入価格は。

(市長)

平成20年4月11日、取得価格は1億5千686万円である。

(質問)

羽村市が現在までに支払った利子補給の累計額は。

(市長)

平成20年度から平成28年度まで9ヵ年の合計金額は657万6千916円である。

(質問)

川崎字武蔵野の整備用地に隣接する西多摩衛生組合では将来の建て替えや大震等による災害がれきの集積、多目的広場等、その利用は多岐にわたる。西多摩衛生組合はこの土地の購入は考えてはいないのか。

(市長)

西多摩衛生組合の報告書では「近隣住民の皆様にあって良かったと思われる施設を目指し、住民要望の高い、多目的広場や環境教育のための土地取得に努めていく」との方向性が示されているが、具体的な対応については構成市町と西多摩衛生組合で候補地等も含めこれから検討されていく。

整理用地から西多摩衛生組合施設を望む 開園40周年を迎える羽村市動物公園

2項目「増収対策について」

羽村市の30年度、31年度は厳しい財政状況が続くと予想されています。各種事業の見直しや縮小、場合によれば廃止による歳出の抑制は重要でありますが、一方で歳入に目を向けて増収策を探ることも必要と考え、質問をしました。

(1)市有地の売却について

(質問)

売却可能資産はどのくらいか。

(市長)

市が所有する普通財産の中で売却可能資産は平成28年度末において、面積が約1万2千m2、時価評価額は約2億6千万円である。

(質問)

市有地の売却は検討されているか。

(市長)

羽村市公共施設等総合管理計画に基づき、公共施設等の総合かつ計画的な管理をしていく中で、普通財産の売却等について検討を進めていく。

(2)クラウドファンディングという手法について

(質問)

資金調達の手段として、クラウドファンディングの取組みも検討するとのことだが、具体的にどのような活用を考えているのか。

(市長)

クラウドファンディングは、アイディアやプロジェクトを紹介して、それに共感し、賛同する人々から、インターネット等を介して広く資金を集める仕組みである。現在、羽村動物公園の管理棟や外柵の改修工事を行っているが、エントランスのリニューアルに合わせて、動物公園の看板を新たに制作する予定で、この看板制作に係る資金の一部についてクラウドファンディングを活用していきたい。

3項目「電動アシスト自転車購入補助金制度について」

今後の高齢化社会の到来、高齢者の免許返上等に伴い、移動手段としての電動アシスト自転車の役割は大きくなると考えます。羽村市は「エイゼムス」を立ち上げ、電動バスはむらんを中核としてスマート交通システムを構築し、二酸化炭素の排出量のゼロ化に取り組んでいます。自動車に代わる電動アシスト自転車の促進もその選択肢の一つと考え、購入補助制度についての質問をしました。

(質問)

市内の通勤、買い物等、身近な移動に電動アシスト自転車を利用しやすくなるよう、購入補助制度を導入する考えはあるか。

(市長)

自転車は幼児から高齢者まで幅広い層が様々な用途で利用する身近な交通手段であり、電動アシスト自転車は坂道の走行や体力に自信のない方などに大変便利な移動手段である。しかし、個人の移動手段はそれぞれのライフスタイルにより異なり、補助制度を実施するには公共性などの観点から、慎重な検討が必要であると捉えている。現時点では電動アシスト自転車補助制度を導入する考えはない。

電動アシスト自転車のイメージ 市役所駐車場内に設置の充電設備

自治体子育てランキングで全国二位に!

日経BP総研が運営するウェブサイト「新・公民連携最前線」は全国の市および東京23区を対象に「子育てのしやすさ」について評価した「ヒト・モノ・カネで見る『自治体子育てランキング』」のトップ100を発表しました(対象は全国の325市区)。
今回のランキングは、「ヒト」(住民の評価)、「モノ」(幼稚園や保育所のキャパシティ面)、「カネ」(子ども1人当たりの子育て関連予算)の3つの観点で子育てのしやすさを評価し、それらを合わせて総合ランキングを作成したものです。

この中で羽村市は堂々全国総合二位の栄誉に輝きました。特に「モノ」の分野では全国トップになりました。ちなみに総合一位は千代田区、三位は中央区でした。
私も保育園に携わる一人として大きな喜びを感じています。


橋本ひろたか 連絡先
〒205-0017 東京都羽村市羽西2-10-23
TEL 042-554-2136 ファクス 042-555-5373

Copyright(C) 2009〜 Hashiomoto Hirotaka All rights reserved.